美脚作りに関して

内もものたるみと足痩せ

内もものたるみを作る原因

皆様こんにちは!
広島市中区(大手町)の、
美姿勢・美脚作り専門スタジオ【REMAKE】
パーソナルトレーナーの吉田です!

内もものたるみをなんとかしたい

というお悩みをお持ちの女性は
多いかと思います。

上記のお悩みをお持ちの方が、

実際にパーソナルトレーニング時に、
カラダの状態をチェックをするのですが、

ほとんどの方が共通で、
「反り腰」の方ばかりになります。

美脚を作る際に、
「反り腰と内もものたるみ」
は密接に関わっております…

今回は内もものたるみについてお話ししていきます。

多くのイメージについて

まず脚のお悩みを引き起こしている
原因のイメージで多いのは、

筋力不足

というものです。

ここのイメージが強いために、

内ももがたるんでる=トレーニングしなきゃ!

という考えになりがちです。

ですがその前に、
トレーニングよりも重要な事があります。

内もものたるみ=筋力不足ではない

重要なのはコンディショニング?

脚に関してのお悩みにほぼ共通するのは、

歪みがカラダに定着し、
使いたくない筋肉を過度に使う。

という状況です。

カラダが歪んで日常生活での歩く際などに、
太ももに負荷をかけてしまい、


より太くなってしまう…

この動作を脳が学習し脚を太くします。

パーソナルトレーニング時にも、
お伝えさせていただきますが、

美脚を目指すのであれば、
まずは歪みを改善することが第一歩です!

内ももがたるむ原因は?

まず内ももがたるむという状態は、

内ももがたるむ状態

・内ももの筋肉の不活性
・外側の筋肉のハリが強い
・股関節周りの筋肉が不活性
・姿勢が歪んでいる

という状態が多いです。

ではなぜこの状態になるのか?

大きな原因の一つは、
足部や反り腰などの姿勢の影響から、

股関節が内向き(内旋位)になっているということです。

※反り腰がカラダに及ぼす影響はこちら

反り腰について広島市中区大手町にある、 美姿勢・美脚作り専門スタジオ【REMAKE】の、 反り腰に関しての記事はこちらになります。...

股関節の内向きによる影響

股関節が内旋の状態になると、
必然的に膝は内側に入るようになります。

膝が内側に入ると

・内ももの筋肉は休む
・外側の筋肉が頑張る
・歩行動作が悪くなる

という状態になり、

今回のお悩みでもある
「内もものたるみ」
にもつながってきます。

まずは反り腰の改善から

上記の理由からも、

いきなり内ももや、
お尻を鍛えるのではなく、

根本原因の解決のためにも
股関節の悪い状態を作る、
「反り腰」を改善からすることをおすすめします。

まずは反り腰の改善から

【REMAKE】で提供していること

【REMAKE】のパーソナルトレーニングでは、

【REMAKE】のパーソナルトレーニング

・骨盤や肋骨の歪みの改善

・膝下の捻れや歪みの改善

・足部の歪みの改善

上記の歪みの改善を徹底的に行い、
内ももや股関節周りを活性化させる

パーソナルトレーニングを、
ピラティスなどのボディワークにて実践しています。

しっかりと根本原因を解決して、
ご要望に合わせたボディメイクを行っていきます。

長年の内もものたるみが気になる方は、

ぜひ、
体験パーソナルまでお申し込みくださいませ。

体験お申し込みはこちらから【REMAKE】の体験パーソナルトレーニングのお申し込みページはこちらから。...

本日もお読みいただきありがとうございました。

広島市中区大手町にある、
美姿勢・美脚作り専門スタジオ【REMAKE】
パーソナルトレーナー 吉田翔哉